Question and Answer … Kiso-Cloudに関するご質問にお答えします。 

カテゴリ

  1. 全般・課金
  2. セキュリティ・守秘義務
  3. 操作全般
  4. 一般・空間情報 関連
  5. ボーリング・土質試験 関連
  6. 原位置試験 関連
  7. CALS電子納品 関連
  8. その他
  9. あなたの疑問・要望などを宛にメールして下さい。

1.全般・課金

  1. 1-1.導入費用はどれくらいかかることになるのでしょうか?
    料金体系および利用料金の詳細については2015年08月05日に公開し、2015年10月01日から有償サービスに移行となります(2015/08回答)。
  2. Kiso-Cloud利用料金について詳細は…[こちら]から参照下さい。
  3. 1-2.同じアカウントを複数のユーザが使用することは可能でしょうか?
    アカウント毎の課金となるため、原則1ユーザ=1アカウントにて利用して下さい(2015/02回答)。
  4. 但し[任意グループでの情報共有]を行うために、同一のKiso-Cloudアカウントを共有範囲ユーザが利用することは問題ありません(詳細は[Q 3-3]を参照)。
  5. [Web-GISサービス][汎用空間情報共有サービス][一覧表示サービス]は、複数ユーザが同一アカウントを同時に使用してもエラーなく動作します。
  6. [ボーリングデータ作成サービス]などデータ作成系のサービスは、複数ユーザが同一アカウントを同時に使用することは(技術的に)できません。
  7. 1-3.Kiso-Cloudでのサービス提供に伴い、柱状-BASEなどの[地質調査データ処理ソフトシリーズ]の販売は終了してしまうのでしょうか?
    今後の[地質調査データ処理ソフトシリーズ]の更新および販売予定は、マーケティング状況(需要予測など)によります(2015/02回答)。
  8. [柱状][岩盤][断面][土性]などは非常に多くのユーザ様にご利用頂いているため、今後とも更新および販売を継続することを基本方針としています。
  9. Kiso-Cloud未対応のアプリケーションについても、今後とも更新および販売を継続することを基本方針としています。
  10. それ以外のアプリケーションについては、更新のタイミングでのマーケティング状況(更新費用・移行状況・需要予測など)により決定していきます。
    •  Kiso-Cloudサービスに一本化する場合は、「販売終了時期および既存システムのサポート期間について」一定の告知期間を経て実施します。
  11. いずれにせよ今後は[Kiso-Cloudサービス]が主力製品となりますので、早めの[Kso-Cloud]への移行についてご検討頂きたくお願いします。
    •  移行に当たり[この機能が足りない][ここが使いづらい]など、ご要望やご意見を宛にメールして下さい。
先頭へ  

2.セキュリティ・守秘義務

  1. 2-1.登録データのセキュリティは万全でしょうか?
    セキュリティ対策についてはKiso-Cloudの生命線ですので、今後とも万全を尽くしてまいります(2015/02回答:2015/09一部修正)。
  2. 2015/05/22から、[https]による暗号化通信に移行しました。
  3. 長期間[同一パスワード]を使用せずに、できるだけ頻繁にパスワードを変更して頂くようお願いします([ログイン通知]機能=ログイン時にメールで通知することで、不正アクセスを監視する機能を2015/10~提供します)。
  4. [汎用空間情報共有サービス]では[文書を開くパスワードを付与したPDF/XLS/XLSXファイルを登録]する事をお勧めしています(貴機関のインターネット・イントラネットサーバから配信するなど、更に高度なセキュリテイ対策が可能なシステム構成とすることも可能です)。
  5. Kiso-Cloudユーザ様にも、[地盤情報]内の個人情報を削除してから登録するなど、必要に応じたセキュリティ対策を実施して頂けますようお願いします。
  6. 2-2.登録データが運営会社(基礎地盤コンサルタンツ)から漏れる、あるいは利用されてしまうことは無いのでしょうか?
    [利用規約]の第9条5-6において「個別データを特定できない形での統計的またはモデル化データとして以外は利用しない」ことを明示しています(2015/02回答)。
  7. [汎用空間情報共有サービス]および[暗号化ファイル転送サービス]による登録データを、当社が(統計的またはモデル化データなどの二次利用を含め)利用および他社に提供・販売することはありません(機密性の高いデータの場合、[事務局が開けないよう]文書を開くパスワード付与やパスワード付ZIP圧縮をお勧めしています)。
  8. [ボーリングデータ作成サービス]における[サジェスチョン機能]や[液状化簡易判定サービス]の[土質試験パラメータ一覧]など、多くの地盤情報を統計処理する事が有効である機能を実現するため、将来的に登録データのうち地盤情報を利用させて頂く可能性があります。
  9. 今後、地盤(構成)モデルをKiso-Cloudユーザ様に提供するサービスを検討しています。地盤モデルの精度向上のためには、できるだけ多くの地盤情報からのモデル化が有効であるため、将来的にモデル化作成の参考資料として登録データのうち地盤情報を利用させて頂く可能性があります。
  10. Kiso-Cloudでは上記2ケースについて、Kiso-Cloudユーザ様に対する機能還元に利用を限定しています。
    •  上記2ケースの利用であっても社内分析に留め、個別データを他社に提供・販売することはありません。
    •  SNS等の多くのSaaSでも、一般的に個別データの直接利用(公開)は制限しているものの、トレンド予測等のため統計的に利用されています。
  11. Kiso-Cloudに登録されない編集中データについては[統計的またはモデル化データ]を含め、当社が利用および他社に提供・販売することはありません。
先頭へ  

3.操作全般

  1. 3-1.[一覧表形式]のデータ入力において[Enter][Return]キーを押すと入力セルが下に移動する(○○-BASEでは右に移動するが…)?
    [Enter][Return]キーで右に移動する仕様はMS-DOS時代の○○-BASE仕様を引き継いだものであり、[Windows作法と異なるため使いづらい]とのご意見を頂いていたこともあり、現在の仕様としています(2015/02回答)。
  2. [Tab]=右(次)、[Shift]+[Tab]=左(前)、[Enter]=下、[Shift]+[Enter]=上はWindowsソフトの多くで共通しています(MS Excelも同様の動きをします)。
  3. 慣れるまでご不便をお掛けし大変申し訳ありませんが、基本は[Tab]キーで入力セルの移動を行うようお願いします。
  4. 3-2.多くのデータを[一括登録]する機能は無いのでしょうか?
    Kiso-Cloudサーバに過負荷が掛かるのを避けるため、[一括登録][一括削除][一括変更]などの[一括処理]機能はありませんが、[Kiso-Cloudオペレータによる代行操作]を有償にて提供します(2015/02回答)。
  5. [汎用空間情報共有サービス]の場合は[登録代行]を参照して下さい。
  6. まずは依頼内容を、宛にメールして下さい。
  7. 3-3.共有範囲は[全共有][限定共有][非共有]とありますが、任意のユーザ範囲で情報共有することは可能ですか?
    システムを複雑にしないため、共有するユーザおよび権限を選択して共有グループを作成する機能(一般的に[招待機能]と称されます)はありませんが、同一のKiso-Cloudアカウントを共有範囲ユーザが利用することで[任意グループでの情報共有]を行うことが可能です(2015/02回答)。
    •  同一Kiso-Cloudアカウントを共有することで[任意グループでの情報共有]を行う場合は、必ず[①-4(1).汎用空間情報共有サービス(管理者向け情報)][任意グループでの情報共有]を行う場合のアカウント~[Web-GISサービス・レイヤ非表示設定用パスワード]設定機能を参照し、必要な設定を行って下さい。……詳細は[こちら]
先頭へ  

4.一般・空間情報 関連

  1. 4-1.[汎用空間情報共有サービス]において、20MB/file以上の動画ファイル([wmv][mp4]形式)を登録することはできますか?
    別途、当該ファイルを配信できる環境(Webサーバ・クラウドサーバなど)を準備し[URL]によりリンク指定して下さい(2015/02回答)。
  2. 例えば[You Tube]などの動画配信サイトに動画ファイルを登録し、[URL]によりリンク指定することが可能です。
  3. 別途、配信環境を準備できない場合は、宛にメールにてご相談下さい。
  4. 4-2.[汎用空間情報共有サービス]において、登録データを検閲することはありますか?
    [限定共有][全共有]設定されている場合は、[利用規約]第7条(5)に抵触していないかの確認のため、登録データを検閲する可能性があります(2015/02回答)。
    •  抵触していると判断された場合は、削除勧告メールを経て、強制削除する場合があります。
  5. [限定共有]設定されている登録データは、同一ドメインユーザ様から禁止事項に抵触しているとの報告があった場合に検閲することがあります。
  6. [非共有]設定されている登録データは、原則、検閲することはありません。
  7. [文書を開くパスワード]を付与したデータを[全共有]として公開している場合は、[全共有]とはならないので削除勧告メールを経て、強制削除する場合があります。
    •  共有に際して、その登録データに適法な権利があることを確認のうえ公開して下さい(詳細は[利用規約]を参照のこと)。
    •  禁止事項に抵触していると判断可能なデータを確認した場合は、対象データのID番号を明示して宛にメールにて報告して下さい。
  8. 4-3.[Web-GISサービス]において、背景地図にGoogleMapを利用することはできますか?
    有料サービスでGoogleMapを利用するためには費用が発生するため、現状では利用可能背景地図から外しています(2015/02回答:2015/09一部修正)。
  9. 今後「別途費用発生を伴っても利用したい」とのKiso-Cloudユーザ様からのニーズが多ければ検討しますので、ご要望をお寄せ下さい。
  10. 2015/08/22から[Web-GISサービス(無償版)]提供を開始しました。無償版サービスでのGoogleMap利用には費用発生がありませんので、本サービスではGoogleMapを利用可能です。
先頭へ  

5.ボーリング・土質試験 関連

  1. 5-1.[ボーリングデータ作成サービス]において、柱状図作成が目的(CALS電子納品は不要)の場合、CALSの詳細な項目を埋めるのは面倒なのですが?
    CALS電子納品は不要で柱状図作成が目的の場合、入力項目のうち[柱状図]表示項目は[赤字]で示しているので、[黒字]項目を入力する必要はありません(2015/02回答)。
  2. 基本データ形式として柱状-BASEでは[BOR]、岩盤柱状-BASEでは[GAN]の独自形式を持っていますが、CALS電子納品の一般化に伴い、より正確なCALS電子納品形式のボーリングデータを作成するため、Kiso-Cloudでは基本データ形式としてCALS電子納品形式を採用し、入力画面構成もこれに従っています。
  3. 入力データとしてCALS電子納品形式(旧バージョンを含む)に加え、[BOR][GAN]形式のデータを指定することが可能です。
  4. 5-2.[土質試験データ作成サービス]は土性-BASEの後継システムとの事ですが、[土性図]を作成することはできないのですか?
    申し訳ありませんが、[土性図]作成機能は現在準備中です。目途が立ちましたらML等によりお知らせさせて頂きます(2015/02回答)。
  5. 土性-BASEでは土性図作成に必要な柱状図・N値などのデータを柱状-BASEから取り込む形で内包していましたが、柱状-BASEデータを更新しても、土性-BASEの内包データを更新し忘れることのトラブル(不整合)が起きやすい問題がありました。
  6. そこでKiso-Cloudでは、ボーリングデータおよび土質試験データをマッチングしてKiso-Cloudに登録した結果を利用して土性図を作成することで、更新によるトラブル(不整合)を解消する方向で機能準備しています。
  7. 5-3.[液状化簡易判定サービス]において、総合図に表示されたR/Lを電卓で計算した結果とFL表示結果が一致しませんが?
    [総合図]ではR/L/FL共に少数第3位まで表示しますが、実際の有効桁数は非常に大きく計算後に丸めて表示するために、表示結果の計算値とは差が出ます(2015/02回答)。
  8. 例えば総合図表示が(R:28.082/L:0.152)は電卓(手)計算結果はFL:184.750ですが、実際は(R:28.0821177835540/L:0.1519132653061)=(FL:184.8562581218000)となり電卓(手)計算との差は0.106となります。
  9. 表示結果の計算値と実計算との差はFLが大きいほど大きく、FL=600程度での差は2、FL<1程度での差は0.1程度となることがあります。
  10. 5-4.[柱状一覧図作成サービス]において、[DXF]エクスポート機能はありませんか?
    申し訳ありませんが、[DXF]エクスポート機能はありません(2015/02回答)。
  11. 市販あるいはフリーの[PDF→DXF]変換ソフトをご利用頂きますようお願いします。
  12. 例えば[CAD-KAS PDF 2 DXF デモ版(http://www.cadkas.com/jhome.php)]などをご利用頂くと有効かと思います。
先頭へ  

6.原位置試験 関連

  1. 6-1.[新原位置-BASE]シリーズの対応予定は如何でしょうか?
    ニーズの高いもの、Web-GISサービスとの親和性の高いものから順に、Kiso-Cloudサービスとして対応していく予定でおります(2015/02回答)。
  2. 現在、優先順位について協議中であり、[B1431:ポータブルコーン貫入試験][B1433:簡易動的コーン貫入試験]が上位に位置付けられています。
  3. 6-2.関連して[土質試験-BASE]の対応予定は如何でしょうか?
    現在、早急に[土質試験-BASE]をKiso-Cloudサービスとして提供する予定はなく、将来的な対応項目と位置付けています(2015/02回答)。
  4. 引き続きWindowsパッケージ製品として更新および販売を継続することを基本方針としていますので、ご愛顧のほど宜しくお願いします。
先頭へ  

7.CALS電子納品 関連

  1. 7-1.[地盤情報電子化サービス]において、ネット通販などの経験がなく電子的なやり取りが不安なのですが?
    柔軟に対応させて頂きますので、電話(03-5296-7643)、FAX(03-5297-7409)、メール()にて気楽にお問い合わせ下さい(2015/02回答)。
  2. 7-2.[CALS電子納品関連]とありますが、今後、どのようなサービス提供を予定されているのでしょうか?
    [業務管理ファイル・工事管理ファイル・地質情報管理ファイルなど各種管理ファイル(XML形式)作成サービス][CALSコンバーターVer.6のKiso-Cloud対応][ボーリング交換用データ→電子簡略柱状図(P21形式)変換機能]など予定しております(2015/02回答)。
先頭へ  

8.その他

  1. 8-1.[PC]で動作する機能が[iPad]などタブレットでは動作しないなど違いがありませんか?
    [iPad]等のタブレット上のブラウザには各種の制限があり、Kiso-Cloudの全てのサービスが利用できる訳ではありません(2015/02回答)。
  2. 使用ブラウザを変更することで使える機能もあるためお試し下さい(例えば[iPad]利用において、[Safari]ではエラーとなりますが[Chrome]では正常動作する処理があることを確認しています)。
  3. 現在は試用提供期間中につき、実際の使用デバイスで動作状況をご確認下さい。有償サービス移行後は、Kiso-Cloudユーザ登録以前に使用デバイスで一定期間お試し利用ができるよう準備させて頂きます。
  4. タブレット用ブラウザもメジャーなものは急速に機能向上していますので、早晩、主要機能については問題なく動作するようになるものと推察されます。
  5. それでも現状は使用する[タブレットOS]と[ブラウザ]の組み合わせにより様々な症状があり、できるだけ多くの環境で多くの機能が正常に動作するよう努めてまいりますので、ご面倒ですが不具合を発見された場合は、使用[タブレットOS]と[ブラウザ]を明示して宛にメールにて報告して下さい。
先頭へ  

閉じる